御二九と八さい はちべーの隣にある 八兵衛明神 通称「八兵衛さん」

 昔、柳小路界隈は、歓喜光寺というお寺の境内でした。
そこに、狸が3匹住んでおりました。その狸の名前が「八兵衛さん」「七兵衛さん」「六兵衛さん」。
時代も変わり、寺地が摂取され新京極が生まれ、繁華街化が進み、のちに3匹を祀り地域の鎮守社とし六、七、八兵衛明神の3社が創建されました

 

八兵衛明神は、昔から柳小路におかれ最近では、信楽焼きの狸の「八相縁起」の八と「八兵衛さん」の八を掛け、信楽の狸が八体置かれています。

それぞれに【商売上達】【招恋】【幸福満々】【成績良好】【心身健康】【金運最高】【勝運良調】【家内安全】のお狸さんとして祀られています。