やげんぼりグループ店舗一覧

祇をん う桶や「う」

祇をん う桶や「う」

京都エリア

  • やげんぼり花見小路店
  • やげんぼり末吉店
  • 出逢い茶屋 おせん
  • しぐれ茶屋侘助
  • 祇をん う桶や
  • お料理
  • 飲み物
  • お部屋
  • 花見小路 江戸川
  • 御二九と八さい はちべー

東京エリア

  • やげんぼり 赤坂店
  • しぐれ茶屋 侘助 乃木坂店
  • 祇をん 花かんざし 六本木店

祇園名物 う桶

「開き五年、串打ち八年、焼き一生」の
諺どうり江戸焼うなぎの味の修行は奥深い
ものがございます。
撰りすぐりの活鰻を背から開き、焼くと
焦げ、味覚をそこなう背びれ、尾びれ、
向骨を取り除き竹串で刺し、熊野の備長炭の強火
で白焼にします。それを天然水で打ち清め蒸し
にかけ柔らかくなった鰻を竹串一本の扱いで
秘伝のタレをつけて焼きあげます。
ことわざにあるように、この“焼き”が腕の
みせどころ。
ぎをんう桶や「う」の味、ここに極まります。

ご挨拶

料理長より



皆様のお越しを心よりお待ちしております。

祇をん う桶や う
料理長 相原 清

店を開くにあたりまず一番にとりかかった仕事はと云えば井戸掘り。
まわりはお茶屋さんや高級料理屋さんばかりでとてもボーリングは出来ませんので、昔ながらの手堀りの井戸を作ることにしました。

目と鼻の先にはお茶で有名な建仁寺さんがあります。
絶対美味しい水が出ると信じて永年おつきあいのある井戸豊さんにお願いしました。
狭い空き地で手作業で井戸を掘ると云う事は本当に大変な難工事でしたが、
おかげ様で川魚を扱う料理屋にとって何よりも大切な井戸水を確保することができました。
杉桶に“筏”に並ぶ艶やかな江戸焼きうなぎ。
細目の鰻を使う“筏”は、柔らかくあっさり淡泊。
杉桶からお好きなだけ取っていただけるのも「う桶」ならではの趣向でございます。

この度、う桶やう は、店内を全席禁煙とさせて頂きます。
誠に勝手ではございますが、皆様のご理解とご協力のほど、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

住所 〒605-0074 京都市東山区祇園西花見小路四条下ル
TEL 075-551-9966
FAX 075-551-9967
営業時間 昼:11:30~
(食事ラストオーダー:14:00)
夜:17:00~21:00
(食事ラストオーダー:20:00)
定休日 月曜日(月曜日が祝日の場合は、翌日)
アクセス 京阪電鉄本線「祇園四条」駅 徒歩7分

ご予約・お問合わせ

詳しい地図はこちら

お料理

お飲み物

お部屋

やげんぼりとクリフトン・カーフ

京都の歳時記

やげんぼりのこだわり

周辺観光案内

舞妓さん・芸妓さんに会える

このページのトップへ